Mein Gmut is mir verwirret

Bucketheadがアルバム出してツアー真っただ中なのに、ホラーMはまたどこへ行方不明してるのか? こんばんは、ホラーMです。先日より個人的にとある挑戦をしています。それは何かというと、J.S.バッハ作「マタイ受難曲」を全部聴くことです。

勿論挑戦の場はyoutube。今丁度22分割の13までいきました。単純計算して10分の動画が22ですから220分、約3時間あるわけですが時間をとるものですから気が向いたら聴いてを繰り返しまだ半分です。「何故いきなりバッハなんだよ」ですが、Bucketが最新アルバム「Electric Sea」で「La Gavotte」「Bachhead」なる曲を収録したこと、そして恐らく、あらゆるジャンルのミュージシャンが「尊敬するミュージシャン」としてバッハの名前をあげまくるからかもしれません。本当に何故彼は大人気なのでしょう? その謎を解明するのは1年2年ではできないでしょうが、まずはこの声楽曲を聴いてみることからはじめてみます。因みに声楽曲というのは全然まったく知りません。

3時間ですから長いです。どういうことが歌われているのか意味をつかむのに頭悪いから数週間を要しました。そしていざ聴いてみますと、これがまた壮大すぎる。そうそう、ポール・サイモン、というかS&Gの「American Tune」もこの曲からの出典でしたか。あのメロがそこかしこに出てきています。しかしこメロは元々バッハの生まれる100年くらい前にヒットした恋歌のメロを拝借したものなのだそうです。

Hans Leo Hassler (1564-1612) – Mein Gmut is mir verwirret
http://youtu.be/0VsOvkhsB50

おお、確かにこのメロですね! なんと軽やかな。1564年生まれって…なんだか壮大すぎてよく判らなくなってきました。というか今14/22まで行きましたが、これはどの部分でしたっけ…。42~47曲目ですから「ピラトの尋問」あたりでしょうか。終わりが見えません…(涙)

ところで、当時のピアノは半音下げ状態の音に調律されていたというのは本当なのでしょうか。これには驚いています。いつ頃から今のような調律がされるようになのでしょう。なにげに今朝思ったのですが、ピアノやってた時に嫌々練習させられていた「インベンションとシンフォニア」、いわゆる2声と3声。当時コンクールでは必ず課題曲にされていましたが、よく考えたら、どうして2声って右手が弾いてるのを左手が1小節遅れて追いかけるだけで曲状態になってるのでしょう。自分は知りませんが、たぶん難し~い音楽の理論とかがあるのでしょうね。ただなんとなく思うのは、何か作曲の基本のようなものをバッハが確立したではないでしょうか。目の下に真黒なアイメイクしながらバッハもおかしな話ですが、ミュージシャンをしてる人にとって学ぶべきことがとても多いのかもしれません。

広告

0 Responses to “Mein Gmut is mir verwirret”



  1. コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




2012年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

261th studio album

BUY NOW: Buckethead.pikes

Shows

2016.04.15
Granada Theater - Lawrence, KS
2016.04.16
2720 Cherokee - St. Louis, MO
2016.04.18
Blue Note - Columbia, MO
2016.04.19
Waiting Room Lounge - Omaha, NE
2016.04.20
Wooly’s - Des Moine, IA
2016.04.21
The Cabooze - Minneapolis, MN
2016.04.23
The Majestic - Madison, WI
2016.04.24
Shank Hall - Milwaukee, WI
2016.04.25
Park West - Chicago, IL
2016.04.26
Majestic Theatre - Detroit, MI
2016.04.28
The Vogue - Indianapolis, IN
2016.04.29
The Woodlands Tavern - Columbus, OH
2016.04.30
Earlybird 2016 at Nelson Ledges Quarry Park - Garrettsville, OH
2016.05.01
The Altar Bar - Pittsburgh, PA
2016.05.03
Westcott Theater - Syracuse, NY
2016.05.04
Higher Ground - Burlington, VT
2016.05.05
The Wilbur Theatre - Boston, MA
2016.05.06
Toad's Place - New Haven, CT
2016.05.07
B.B. Kings - New York, NY
2016.05.08
Ardmore Music Hall - Ardmore, PA
2016.05.10
Baltimore Soundstage - Baltimore, MD
2016.05.11
The Howard Theatre - Washington, D.C.
2016.05.12
The National - Richmond, VA
2016.05.13
The Lincoln Theatre - Raleigh, NC
2016.05.14
The Music Farm - Charleston, SC
2016.05.16
The Neighborhood Theatre - Charlotte, NC
2016.05.17
The Brooklyn Arts Center - Wilmington, NC
2016.05.18
The Music Farm - Columbia, SC
2016.05.20
Cox Capitol Theatre - Macon, GA
2016.05.21
The Variety PLayhouse - Atlanta, GA
2016.05.22
High Dive - Gainesville, FL
2016.05.25
Ponte Vedra Concert Hall - Ponte Vedra Beach, FL
2016.05.26
State Theatre - St. Petersburg, FL
2016.05.27
Plaza Live - Orlando, FL
2016.05.28
Culture Room - Ft. Lauderdale, FL
2016.05.31
Vinyl Music Hall - Pensacola, FL
2016.06.02
The Orange Peel - Asheville, NC
2016.06.03
Exit / In - Nashville, TN
2016.06.04
New Daisy Theatre - Memphis, TN
2016.06.07
WorkPlay - Birmingham, AL
2016.06.08
House of Blues - New Orleans, LA
2016.06.09
House of Blues - Houston, TX
2016.06.11
Emo's - Austin, TX
2016.06.12
House of Blues - Dallas, TX
2016.06.13
Cain's Ballroom - Tulsa, OK
2016.06.30
The Highberry Music Festival - Ozark, AR

(via: Buckethead.Pikes)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。