Archive for the 'Guns n Roses' Category

Eerie Canal

2014年4月21日発売「Claymation Courtyard」の4曲目

https://youtu.be/-KQ0zBJdxyc

2014年のベストアルバムのラスト曲。う~ん、めちゃくちゃ格好いい。タイトル曲はBucketheadの代表曲の1曲に名を連ねても良いくらいに思っているのですが、「Eerie Canal」も素晴らしい。いや、このアルバムは全部素晴らしい。今振り返ると3年間は長かったような・あっという間だったようなという一種クレイジー満載テンションで振り返るわけですが、2014年は豊作の年でした。曲は出すけど姿が見えない。そんな状況で折れそうな心を支えてくれた曲のひとつがアルバム「Claymation~」であったのには間違いはないと思います。てかさらっと書いちゃうけど、大量音源出しても、その中に惹きつけるものがないと何年ももちませんて。全部が全部良い楽曲だったとは口が裂けても言いませんが、要所要所できめてきたBucketに愛を叫ぶ。

仕事行く以外完全引き篭もりのホラーMです。webでも全然出歩く方ではないので「え、そんな話しあったの?」と遅れて知ることは日常茶飯事です。ガンズってオリジナルで復活するんですか? フロントの彼らは何十年喧嘩してたのかは数えていませんが、またすぐ喧嘩して別れるんじゃねーの。ガンズというバンドは嫌いではないですし、アクセルも嫌いではないです。Bucketを知ったのがガンズ経由ということもありますしね。といってもアクセルに向かってじゃんじゃん足を向けて眠ますけど。

さて、今日の画像ですが右側です。如何でしょうか(クリックで拡大します)。誰の写真かはあえて言いませんが、なんというオフィスカジュアル…。私なりに分析してみました。

下は黒いゆったりジャージ。両サイドに白の3本線。恐らくどこかのスポーツメーカーのものでしょう。右ポケに見えるのは携帯電話かなあ。最近は「ガラケー」って呼ばれてる、あのパカパカする携帯。色はシルバーかな、なんかそんなものが見える気がします。そして上半身ですが、一瞬「え? このシャツとこで売ってるの??」と本気で焦りましたが、たぶんこれはジャケットでしょうね。今風に言うと「アウター」ってやつ。たぶんそれ。色はカーキーともキャメルとも言い難い色味で、しかもボタンは上までしっかり閉めるのがBucket流。首から赤っぽいのが見えてますね。赤いトレーナーかなあ。まあそんな格好。因みにこれ、2002年のMTVのリハ風景とのこと。マスクの上に乗っかるやるせないキャップは彼なりのこだわりか…

絶望に明日が見えなくなりそうなところにもう一発。左の写真ですが、これは誰も見たくないホラーMのベッドサイドをガラケーで撮影したものです。縞々のが枕ですから、ひじょうに近い位置に仏壇があります。こんなとこで嘘ついてもしょうがないので本当のこと書きますが、このような状態になったのは今年1月からです。上にくっつけてる花輪は「Natural Kitchen」で購入したんですが、寝相が悪くて花が一個もげました。最近眠りのお供にシーラカンスのぬいぐるみ(大)を購入しようかとたくらんでいます。

近年稀にみる涅槃エントリー。いやでも来月と思ったら浮き足立ってしょうがないわけですよ。私だけではないはずなんですよ、皆さん黙ってるだけで結構すごいと予想しているのですが如何ですか。web上で晒すかどうかはあれとして、ホラーMはこんなだから興奮がダダ漏れしてしょうがありません。通常恋人の写真を飾るであろう場所に、よりによってBucketheadの遺影。 もうほんとだめだわたし

[NEW ALBUM] Rooms of Illusions


http://music.bucketheadpikes.com/album/rooms-of-illusions

  1. Rooms of Illusions part 1 03:25
  2. Rooms of Illusions part 2 02:56
  3. Rooms of Illusions part 3 05:08
  4. Rooms of Illusions part 4 06:58
  5. Rooms of Illusions part 5 10:47

Buckethead pikes: Pike 209 LE order info
http://www.bucketheadpikes.com/pike_209.html
Bucketheadland Hidden Small Apartment
http://music.bucketheadpikes.com/

Buckethead: November Rain Outro

3連休なにそれおいしいの

Buckethead – November Rain Solo – Glowing eyes
http://youtu.be/WM9pWFBTdVc

Buckethead動画で1.2を争う有名動画。「Glowing eyes」という言葉で思い出したのでエントリー。私はガンズ経由でBucketを知ったのでとても印象に残っています。元々高校時代の友達がガンズ好きでうっかり見せられた映像でBucket知ったのですが、あれから何年経過したでしょうか。Buckethead pikesはおそらく2014年中に100pikesすると思います。

この動画の面白さはBucketの目が光ってるというのもあると思いますが、私が一番気に入っているのは途中首を左横に傾ける仕草です。どんな時にBucketがこの癖を出してしまうのか判りませんが、ホラーMの中ではお馴染みのポーズとして興味深くしています。たぶんですが「なんかピッチ?」という時に出るんじゃないのかなあ。「チョーキング??」とかそういう時とか。ひらたく言えば「ん?」というポーズではないかと。適当ですが。でもたしかに上記リンクで徐々に調整されているのですよね。Buckのギターの音がすごく個性的できれいだから「こまけーことはいいんだよ」と思うまでもなく十分すぎるほど満足ですが、弾いてる本人は色々思うところはあるのだろうかなと勝手に妄想しています。

ホラーMはBucketが「ん? 」って首捻ってる雰囲気みたいなのが結構好きだったりします。最近だと「Claymation Courtyard」の4曲目「Eerie Canal」のはじまった瞬間とか。聴いてるこっちは一瞬ズコーですが、でもこの曲はめちゃくちゃ格好いいです。かなりいい。今「Claymation~」のBandcampページみたら、やっぱりこのアルバムは売れてますね。2014年残すところあと2ヵ月。このまま逃げ切るか?

BucketはPike 100まで出したらその後どうする予定なんだろう。あと10枚なので今年中に絶対100すると思います。ということは2015年はどうするんだろうということになりますか。ツアーに出るのか、それともPikesスタイルを貫くか。まさか消えるってことはないでしょうね、認めませんから。私も自分の不注意とはいえ財布紛失事件から立ち直ろうと考えているわけですから。そういえば弟との誕生日プレゼント交換は今年からやめることにしました。なんと彼、はじめて恋人が出来たようで。それだけなら「めでたい」で終わりますが、2月に彼女連れて戻ってくるから実家に同行して言われてひっくり返りました。結婚の挨拶ではないと弟は言いますが2月になったら判りませんよ。彼女さんに「お義姉さん」なんて呼ばれたらどうすればよいのでしょう。考えておきます。ん? Bucketってお願いしたら結婚パーティーで演奏してくれるんでしたっけ。

Buckethead – The Thrill Is Gone
http://youtu.be/1hnybntLdFQ

悪いことがあれば、かならず良い事がありますね :)

Buckethead Acoustic Solo: WTC Open Air Stadium – Osaka, Japan (Aug 18, 2002)


サマーソニック2002: 大阪ワールド・トレード・センター・オープン・エアー・スタジアムにて。サマソニで演奏していたのですね、今日知りました。当時の呼び名は「What kind of nation」、2012年には「Beyond the Knowing」の名でアルバム「Electric Sea」に収録されました。

…と思ったら「What kind of nation」のタイトルがついたのは2005年リリースのヴィゴのアルバム「Intelligence Failure」からでしたね。当時大阪の夏空に誰も知らない名無し曲を、しかもガンズのステージで演奏していたということで。やはりただ者ではなさそうです。

Guns N’ Roses – Live House of Blues 2001

ガンズの有名曲「Nightrain」はある時からBucketheadの曲になってしまったというのは、ファン目線の贔屓ではなく結構真面目な話として何度かこちらでもエントリーして参りました。Bucketがガンズに加入し、はじめてファンの前に姿を現したのかという謎についてはこちらのエントリーにあります。2001年1月1日、ベガスは「House of Blues」でのステージ。ミスX(仮名)から有名なソロ部分の後にいいものがあるよと、メールを頂いたのでいってみましょう。ありがとう、ミスX :)

ttp://youtu.be/zcUm9_UnezE?t=44m45s

先のガンズエントリーにもありました、当時ロビンとBucketで仲良く分け合っていた「Nightrain」ソロ部分です。Buckのソロは45:11あたりから。異様な安定感。その後フロントマンであるアクセルが「サンキュー! ビバ・2001年! おやすみー!」とアンコール前の〆を行うのですが、その直後何かが来ます。何が来るって、一体何が? 何が来たのかは上記リンクにてご確認ください。

しかしどうしてそういう流れになったんでしょうね。ステージ前アクセル含むメンバーに「水飲んだり着替えたり時間かかるからさ、繋いどいてよ ;)」と言われて「わかったよ :)」とかそういう流れなんですかね? それじゃBucketはいつ水分補給したんだろうとか又謎めきますが、彼はソロでもイベント事しない限り衣裳変えはしない人なので、他のメンバーがタオルで脇汗とか拭いてTシャツ着替えたり一服とかしてる間、嬉々として弾いていたんじゃないかなとか想像は膨らみます。

でも考えてみたらBucketが衣裳変えするわとか言って、いきなりタンクトップに皮パン、ブーツとかで出てきたら、なんか今それを想像しましたが完全似合ってなさそうで泣けてきました。かといってお母さんに買ってもらったトレーナーというのも考えものですけどね。やはり定番は黄色カッパ、青つなぎ。最近だと2012年末のライブで見せたスプリングコートというのが似合っていますね。皮とかレザーアクセとかダメですよBucketは。だってそもそも彼の仮面が……

まあ「繋いでおいて説」とかは勝手な想像ですが、ミスXもおっしゃってましたが、ガンズの初ライブでいきなりそれを演奏しはじめるのが凄いなと思います。観客の何人がBucketheadって人の名前以上のことを知っていたのか判りませんが、仮面にアクセルが落書きしたバケツかぶったでかい人が、突然バンドイメージと程遠いノー天気な曲を演奏しはじめたら「……なん…だと?」となったと思うのですね。でも途中から手拍子してくれるし「Buckethead!」と言ってくれていますから、やはりガンズファンは優しいです。

また再度ガンズに入れとか、有名なバンドに参加しろとは言いませんが、でもBucket, 凄い人なのだからもうちょっと有名になっても良いですよね。レーベルの制約なく自由に活動することが出来るのはミュージシャンにとって良いことだとは思いますし、本人がそれでハッピーなら私も嬉しいとは思いますが、でももうちょっと色々顔を出してみては…という複雑なファン心です。そして

Thank you category ‘Buckethead’ 666 buckets!!!

Buckethead’s Chinese Democracy Solos

Bucketheadファン以外喜ばなさそうな、「Chinese Democracy」におけるソロまとめ

Part.1 ttp://youtu.be/YyqdQ-QZOB8
Part.2 ttp://youtu.be/BAKySQjcDsw

いやあ、これすごく頑張ったんでしょうね。ひしひし感じます。ところで「If The World」のアコースティックソロはともかくイントロ部分もBucketだと思ってましたが違うのかなあ? しかし「どこは誰が弾いた」とか皆さんどうやって聴き分けているのでしょう。どこかのフォーラムで皆で分析しているとか。いずれにしてもあれこれ引き倒した音源をドカっと置き去りにしてきたというBuckの態度は凶暴だと思いますし、その音源を目の前にして「あいつ辞めやがった!」とキレてるアクセルも面白い。でも基本仲良しだと思いますけどね。というか右の写真。ポロシャツ+ジャージ…

今年の夏はなんか違うなあとか思っていたら、Bucketがツアーやってないんですね。なるほど、どうりで変な感じがするはずです。音源は出しているので存在は感じるのですが、姿が見えないんですね。まあ今年の夏はしょうがないとして、気が向いたら今年1回で良いからちらっと姿を見せて欲しいかも。出てきたら出てきたで「そのお腹!」とか好き勝手いいまくりなんでしょうが、そういうのも含めて、多少チェックさせていただけると嬉しいです。

お腹がぽちゃっとしている彼へのアドバイスとしては、聞いたところによると楽だからってお腹の肉の下にベルトしちゃダメらしいですよ。苦しくても然るべき位置、Bucketのズボンは「安心の深め」ですから、そうなるとヘソのちょっと下とかそこらへん、そこにしっかり巻いておかないと、肉が重力に引かれてしまうらしいです。つまり、ベルトの上に肉が乗ってしまう感じですか。そうなるとおじさんぽいですから、いつまでも若々しくありたいBucketheadとしては、ここは我慢のベルト定位置キープで。ウエストがゴムのズボンとかジャージとか、それらもたぶん楽で愛用しちゃうんでしょうが、やっぱりお肉の下に履かない感じで、ラインはおヘソのすぐ下に死守したいものです。

話しそれまくりの夏っぽいエントリーです。関連動画にあった、ミュージシャン兼ギターデザイナー氏による、Bucket Les Paulのレビュー

Buckethead Les Paul review
ttp://youtu.be/LYkvHSRcG8E

ちょっとランディ・クートゥア似の彼ですが、たしかに演奏者に対してギターがでかい。氏の体の大きさは判りませんが、でも大きい。長いと表現すべきか。Bucket Les Paulはカバー好きのファンにも購入されていると思うのですが、彼等もやっぱり「でかー」とか言いながら弾いているのでしょうか。Bucket本人が持てばそんなでかく見えないんですけどね。遠近法ですかね。

David Bowie vs Axl Rose

今年3月にニューアルバム「The Next Day」をリリースするということで何かと話題のボウイ先生。遊んでたらたまたま予期せぬ2ショットを見つけたのでエントリー。

ボウイとアクセル? しかもボウイ、ミドルフィンガー(笑) 90年代に撮影されたものには間違いないんでしょうが、いつくらいのでしょうね。そもそもどうしてこういう2ショットが実現してしまったのか不思議でならない。フレディの追悼コンサの前のようにも見えるし、ボウイの様子から見たら、ん…1993年あたり「Black Tie White Noise」あたりでしょうか。判りませんが、結構アクセルの方から時期を推測する方が楽かもしれません。ボウイとアクセルって今まで考えてことありませんでした。

しかし凄い2ショットだ。まずアクセルがボウイと肩を組んでるというのが凄い。表情もリラックスしてますし、なんだかいい感じ。アクセルは暴れん坊で気難しいてイメージありますが、じつは良い子なんじゃないかと思っています。それと対照的にボウイ先生が狡猾です :p


2017年8月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

261th studio album

BUY NOW: Buckethead.pikes

Shows

2016.04.15
Granada Theater - Lawrence, KS
2016.04.16
2720 Cherokee - St. Louis, MO
2016.04.18
Blue Note - Columbia, MO
2016.04.19
Waiting Room Lounge - Omaha, NE
2016.04.20
Wooly’s - Des Moine, IA
2016.04.21
The Cabooze - Minneapolis, MN
2016.04.23
The Majestic - Madison, WI
2016.04.24
Shank Hall - Milwaukee, WI
2016.04.25
Park West - Chicago, IL
2016.04.26
Majestic Theatre - Detroit, MI
2016.04.28
The Vogue - Indianapolis, IN
2016.04.29
The Woodlands Tavern - Columbus, OH
2016.04.30
Earlybird 2016 at Nelson Ledges Quarry Park - Garrettsville, OH
2016.05.01
The Altar Bar - Pittsburgh, PA
2016.05.03
Westcott Theater - Syracuse, NY
2016.05.04
Higher Ground - Burlington, VT
2016.05.05
The Wilbur Theatre - Boston, MA
2016.05.06
Toad's Place - New Haven, CT
2016.05.07
B.B. Kings - New York, NY
2016.05.08
Ardmore Music Hall - Ardmore, PA
2016.05.10
Baltimore Soundstage - Baltimore, MD
2016.05.11
The Howard Theatre - Washington, D.C.
2016.05.12
The National - Richmond, VA
2016.05.13
The Lincoln Theatre - Raleigh, NC
2016.05.14
The Music Farm - Charleston, SC
2016.05.16
The Neighborhood Theatre - Charlotte, NC
2016.05.17
The Brooklyn Arts Center - Wilmington, NC
2016.05.18
The Music Farm - Columbia, SC
2016.05.20
Cox Capitol Theatre - Macon, GA
2016.05.21
The Variety PLayhouse - Atlanta, GA
2016.05.22
High Dive - Gainesville, FL
2016.05.25
Ponte Vedra Concert Hall - Ponte Vedra Beach, FL
2016.05.26
State Theatre - St. Petersburg, FL
2016.05.27
Plaza Live - Orlando, FL
2016.05.28
Culture Room - Ft. Lauderdale, FL
2016.05.31
Vinyl Music Hall - Pensacola, FL
2016.06.02
The Orange Peel - Asheville, NC
2016.06.03
Exit / In - Nashville, TN
2016.06.04
New Daisy Theatre - Memphis, TN
2016.06.07
WorkPlay - Birmingham, AL
2016.06.08
House of Blues - New Orleans, LA
2016.06.09
House of Blues - Houston, TX
2016.06.11
Emo's - Austin, TX
2016.06.12
House of Blues - Dallas, TX
2016.06.13
Cain's Ballroom - Tulsa, OK
2016.06.30
The Highberry Music Festival - Ozark, AR

(via: Buckethead.Pikes)