Posts Tagged 'Michael Shulman'

Email from Michael Shulman

Michael Shulman. 覚えていらっしゃいますでしょうか。過去Funeralで何度か取り上げたシュレッドバイオリンの方です。バイオグラフィは生まれはロシアで、その後NYの地下鉄で演奏をしていた方です。何年か前に別のプロジェクトに移行すると、構内演奏は辞めたという記事を読みましたが、ご本人様からメールが来ました。驚きましたねえ。氏はどうやってこの涅槃ブログを見つけたのか。「Michael Shulmanってどんな人だったったっけ?」という方へ以下2つの動画です

Michael Shulman – “Buckethead” Medley 2015
“Siege Engine” and “Soothsayer”
https://youtu.be/2d9-3HKB_Zk

Michael Shulman – Night Of The Slunk (Buckethead)
https://youtu.be/mFVwwPe6wrE

思い出していただけましたでしょうか。私は音楽の詳しいことは判らないのですが、「Night of the Slunk」「Siege Engine」「Soothsayer」のバッキングはBuckethead本人が許可を出してマイケル氏にオリジナル音源を送ったものですか? それともバッキング好きのファンが作ったものを拝借しているのか。ここでBucket本人が「自分がバッキングをあげた or バッキングはあげてないけど演奏許可を与えた」とか答えてくれたら楽なのですが、そうもいきますまい。Bucketつれないなあ。まあそれはそれで先に進みますと、Shulman氏は今年の年末に来日する準備をしているそうです。演奏場所などは押さえ気味のようですが、東京で宿泊する場所を探しているとのこと。「ホラーM、そこんとこ日本語を喋れるあなたが世話してくれませんか? 又は、世話してくれる人を紹介してもらえませんか」とのことですが、自分は関東住みではないのでホテルの予約を取ってあげることが大変困難です。そこで以下の方を探しています

① 関東近郊在住で、Michael Shulman氏のお宿の予約をとってもよいという個人様、又は法人様
② BucketheadとMichael Shulman氏の共同ステージをプロデュースしても良いという個人様、又は法人様
国籍: 問わず
条件: 英語、又はロシア語でMichael Shulman氏とEメール/電話でのやり取りができる方
その他: ミュージシャンに対し、尊敬の心を持っている方

言葉は根性です。私はいつもそうですがね。しかも喧嘩までする始末。嫌なやつですよ、英語に切り替えたら物凄く凶暴というのは友人間での噂話らしいですが、最近はフォーラムとか言ってないし英語忘れちゃったわ。

BucketheadとShulman氏の共同ステージとか考えたことなかったですが、でもなんかいいですよね。どっちもリードとりますし、ご両人の間に素晴らしい化学反応が起こるかも? 私個人の意見ですが、Shulman氏ならBucketと一緒にステージに立ってもまったく見劣りしないと感じています。

上につらつら条件をあげましたが、このブログ発信力全然ないんですよね。なので、たまたまこのエントリーを読んだ方で「もしかして自分の知り合いのあの人なら興味あるかもしれない」という方ありましたら、連絡を頂けたら嬉しいなと思っています。Bucketの関係者さんでも良いですよ。直接Shulman氏に連絡とりたいとか。連絡先は以下です。

mailto:killingcone@gmail.com
又は以下反転 mailto:ringy22 at gmail.com
(※当方普段は会社員をしております。秘密厳守致しますのでご安心下さい)

でもBucketとShulman氏でふたりして東京とかぶらぶらしてたら、日本経験者のBucketが兄貴ぶって「異文化に圧倒されるなよ」とかいって中古ゲームソフト屋とかに氏を連れていきそうでちょっと。あんたに圧倒されるわ。普通にてんぷら屋とか寿司屋とかすき焼き屋とか連れていってやりなよっていうね。っていうかShulman氏も何故こんな辺ぴなブログにアクセスしようと思ったんだろう? もっと力持ちのブログ/サイトなら人脈とか色々あろうに。ここほんとに人いないし、力もコネも何もないから。いや、でも誰かが偶然見てくれるかもしれない。それに願いを託しつつ、氏のバイオリンは一度生で聴いてみたいなと思っています ;)

広告

58/17

2010年、ホラーMプッシュのミュージシャン Michael Shulman
彼のチャンネルはいつ動くかと思ってたらUPしましたね、ちゃんと地下鉄以外でもお仕事しているようです。謎の多い人物、というかブレイク前の彼ですが先のエントリーで聴いた曲は「58/17」という曲名ということが判りました。

http://www.youtube.com/watch?v=Ee4tuF2WRYQ
やっぱり上手いですね。曲もいいですし。氏は結局レーベルと契約出来たんでしょうか。いや、まだでしょうね。彼のサイトのMP3ショップもオープンしないし、一体どうしたら彼の曲が良い状態で聴けるのでしょうか。考えてみればネットがここまで発達しなければ彼のことなんて知ることもなかったわけですが、本当に素敵な世の中になりました。

Photobucketマーシャルアーツで鍛えた彼は素敵だと思いますよ。レーベルと契約できない理由は判りません。USのそこらへん事情は判りませんからね、ただロシアから家出してNYに住んで、やれる範囲で頑張っておられるそうですから是非なんらかの成功をして欲しいですね。彼は素晴らしいミュージシャンだと思う。もしかしてNYの地下鉄構内にはもっと凄い人とかいるのかもしれませんが、でも彼がこのままではもったいないですよ。活動をしているということはいいことです。あとは誰かの目に留まるのを待つだけです。頑張ろう。

全然関係ないですが、先日コンタクトしてきたJはスイスあたりの人かと思ったらフランスの人らしいです。これはLにも云えるんですが、彼らってまず自分でショップやセラーに接触するんですね。で、大概は「海外には送れない」「海外在住の人間との取引はしない」と云われたり、最悪無視されるようですが(だから代行センターがあるのでしょう)、Jとはまだ日が浅いですが「もしオーナーがダメだって云ったら助けるよ」とメールしておきました。

PhotobucketJ自身のメールも「オーナーから返事が来るか、又は送ってくれるか疑わしい」と、なんというか「そこらへんの事情、判ってるじゃん」という感じでしたが、でも彼らの共通点はいきなり「代わりに買ってくれ、送ってくれ」って云わないところかな? 今まで誰にも云われたことないけど、こういう人には絶対協力しないと思う。

とりあえず自分でトライ、で当然の話しだけど上手くいかないことの方が断然多い。失敗ばっかり。トラブルだっていくらでも起こる。それは当たり前。じゃそれをどう解決してこうか…? だと思う。みんな最初は何も出来ないところから始まってるわけだしね。結局そういうことの積み重ねなんじゃないかな。自分はまだ何かが圧倒的に足りてない、そんな風に思う。

Amazing Violinist in NY subway

2010年、ホラーMのトレジャー Michael Shulman
彼自身のYoutubeチャンネルの更新はそれほどめきめき育っているわけではありませんが、ちらと観ていたらyoutube動画のコメントによれば今でも週末NYの地下鉄構内で演奏しているようです。

http://www.youtube.com/watch?v=gMebkYqCikQ
地下鉄ではありませんね(汗) 曲はオリジナルなんだそうです。「Spartan Glory」もそうですが、彼はいい曲持ってますね。路上でこのクオリティで演奏していまうとは…、カポギターがレーベル契約できて彼が出来ていないなんて悪い冗談です。

この曲は題名が判らないそうですが、「image」とかに入っていてもおかしくなさそうな曲に聴こえなくもないです。がしかし一筋縄にいかないというか、所謂単純な「癒し」タイプではないと思います。そんなに踊って何故こんな高クオリティなのか謎ですが、全身で音楽を表現しているのでしょう。彼のサイトの自己紹介によれば、マーシャルアーツに燃えバイオリンから離れていた時期もあったそうですが早い時期からバイオリン教育を受けていたようですし、その後かなり努力もしたのでしょう。素晴らしい技術、才能そして音楽的センスがあると思うし、加えて彼には独特の「華」があると思う。
Photobucket

MJ好きということですが「魅せる」という点についてはかなり彼の影響を受けている気がします。マーシャルアーツが役だっているのでしょうか、結果色々なことがミックスされて今の彼があるのでしょうね。オリジナリティ溢れる「華」があるということは良いことです。

彼はロシア出身ですが、自分はロシアには友人はおりませんが旧共産圏に住む友人が数名あります。その中のひとりは20代後半の学校の先生ですが、未だに「西の人」って言葉を使いますよ。まあそれは私の友人の話で、ロシア出身の彼はどういうことを考えているのかは判りません。ロックを初めて耳にしたのは1987年て書いてたかな(忘れた)、当時は違法行為だったそうです。彼にもそして友人にも、日本に住む私なんかには判らない本当に難しい事情があるんだと思います。

彼自身色々と複雑なことがあるんだと思うんだけど、しかしそれが全面に出ないというのは相当パワフルな人物なんでしょう。地下鉄で演奏したり、チャンスがあれば色々な場所で演奏したり…、そして近い将来レーベル契約してCDが出たらいいね。

GO Shulman, GO!!!

Michael Shulmanの動画が静かにUPされたようなので観てました。
NY Long Islandであった何かのイベントで「Soothsayer」と「Spartan Glory」を弾いていらっしゃいました。この方のyoutubeチャンネルを見ていると1年に1回、数本UPして放置というスタイルなのかと感じていたのですが、予想を裏切りUPされましたね。ちょっとしたサプライズでした。

Photobucketこの人はね、やっぱり上手いと思う。「Soothsayer」にしてもそうだけど、「まったく同じフレーズで通します」とか「ちょっとだけ変えてみました」という単純なことはしないタイプかもしれない。基本はあれど毎度大幅に変えるというか、勝手に変わっちゃうんだと思うんですが、この人はセンスあると思いますよ。本当に上手い気がしてきた。演奏技術だけでなく、音楽的センス、そしてそれを実行しちゃう神経の太さ。これが揃っているミュージシャンは本当に気にかかります。加えてこの人、マーシャルアーツしてたからか足がえらい上がりますね(笑) ダンスも出来るようですし、彼は本当に頑張って欲しい。

レコードを出すべく頑張ってるみたいだけど、どこかのレーベルから声はかかったんだろうか。というかそれこそTDRSで出してあげればいいのに。芸風がTDRSの稼ぎ頭(稼いでないかも)のBucketとかぶる部分はあるけど、演奏楽器が違うしこの人にはこの人にしか出せない強烈な個性があると思う。極端な話し、BucketがPraxisをもうやらないならこの人を加入させるのも全然有りなのでは。この人ならやれる気がするな。きっとPraxisにクラシック要素をもたらす力量があると思う。ファンク、ロック、アヴァン・ギャルド、フュージョン…、そしてここでクラシックですよ! 彼には独特の情熱と、それに隠れた云い知れない悲しみのようなものも感じるから不思議です。

Photobucket勿論エレクトリックバイオリンを弾く人は世の中にたくさんいるし、旧共産圏からアメリカに渡ってきた人なんて腐るほど居るとは思うんだけど、この人のバイオリンは埋もれるにはもったいないと思う。「ちょっとづつで良いから力をください」と本人は云っているけど、レーベルと契約するのにまさかカンパではないだろうから、きっと演奏場所の提供やイベントに呼んで欲しいと云ってるんだと思う。自分はそういう関係の仕事してないからその面ではサポートできないけど、何か出来ることがあればやりたいなと思うね。不思議な魅力のある人ですよ。本当に気にかかる。

Spartan Glory

今さっき見つけた2010年最初のトレジャー Michael Shulman
こういう良いものを見つけた瞬間、私はいつもyoutubeに感謝します。いい感じです。この人は…、サイトを見ていて思ったのですが恐らくレーベルと契約したいというかアルバムを出したいんだと思います。まだ恐らくそこまで逝っていないんでしょう、アマチュアとしてのプロジェクトとかは色々やってそうな感じですが。というかneo-classical shred violinist/dancerって、本人はダンサーの自覚があるんですね。

http://www.youtube.com/watch?v=dDGT-vMyT-s
Photobucketおおっと、キャッチーでいいじゃないですか、いい曲持ってるじゃないですかあ。彼は恐らくアルバムを出す価値があるミュージシャンと思いますよ。youtubeのご本人チャンネルを観ましたけど素人くさい(明らかに素人)プロモーションビデオからも気合が感じられます。見た目や挙動が一昔前のHMギタリストぽいですが(笑)手を入れれば良くなるでしょうし腕も確かです。

「確か」とかさらっと書いてしまいましたけど、かなりビックリのテクニックです。MJのビリージーンで弾き倒してましたが最初何の曲か判りませんでした。テクもあって音楽的センスもあるのならあとはアルバム発売を待つのみ。カポギターが出せるくらいですから、彼はカポの50倍は出せるでしょうし出すべきなんじゃないかな。

といったところで今ここから彼にしてあげれることは何もないんですが、この人は売り出し中というのもあってか強烈な情熱が感じられます。Erik Mongrainじゃないけど、youtubeを活用して大いに話題にされレーベル契約する人は実際いるし、Erikのギターや曲に価値があったのと同様、彼のバイオリンにも大いに価値はあると思うんですけどね。Bucket一緒にやればと先ほど書きましたけど別に無理して彼とやらなくてもいいので(?)、とりあえずアルバムが出せたらいいよねって話です。

埋もれるには惜しい気がしますし、彼、色々な意味でちょっと格好いいですよ、実際観たいと思わせるアーティストの登場に喜び :)

Michael Shulman

youtubeで変なのを観ました


随分踊りますねー、というか何者なんでしょう。最初ご本人かと思いましたが別人のようです。
マイケル・シャルマン or シェルマンでいいのかな。彼はロシア生まれのエレクトリック・バイオリン奏者、年齢は35歳とあります。詳しいことは判りません、本当に数年前から積極売り込みをかけはじめた人に見えます。35歳と云えば彼が生まれた当時その国はソ連ですね、国籍ごとUSに移動したのかは判りませんが、youtubeを見る限りNYの路上や地下鉄で話題を集め、朝の番組に出演…割と王道的に推移しファンタジー・オン・アイス。World Iceというのは全然知りませんが見た限りワールド・オン・アイス系の小さい団体って感じでしょうか。

ボンドとかもそうだけどクラシック畑出身で基礎をやった後ロック的なアプローチをかけるミュージシャンは時々いますが、彼もその一人と思われます。バイオリンから離れていた時期もあったみたいですが…、というか格闘技に熱中してMJ好きでダンスも独自確立って誰かに似てますねえ…、こういう人がBucket以外で世界にもうひとり居たというのがショック。「Soothsayer」の演奏許可が出た、…というかBucketオリジナルのバッキングトラックを使ってますか? いずれにしろ間違いなくBucketサイドとコンタクトしてるわけですからもしかして2010年は彼とBucketのご一緒ライブですかね?

芸風が微妙にかぶってますし、どっちがソロをとるかで揉めそうですがいいんじゃないかな。That one guyでしたっけ、ああゆうのと一緒にやるくらいだから(失礼な~)彼とやるのは全然いいと思うんですけどね。彼、上手いしセンスあると思いますよ。このSoothsayerのソロは自分で考えたんでしょうかね、へー、神経も太そうだしいいじゃないですか。Bucketはまだクラシック的アプローチってしてないからこれを期に一度は手を出してみるのもいいかも。プロジェクトとしてやってみるとか。いいと思うんだけどなあ。Buck, どうですか?

というかそれより何より、次回ツアーの際はこの動画に出てくる彼女に踊ってもらいましょうね。申し訳ないけどツアーラストのNY、「Soothsayerに変なダンス」の件は未だに根に持ってるからね。曲の価値を下げるようなことはやって欲しくないし、Buckはプロなんだから自分のレベルと共演する人物のレベルを見極めないと。あの日雨の会場(私はPC前)のSoothsayerに彼女レベルのダンスがついていたなら、心の底から「お疲れ~」って言えた気がしてならない :(((((((((((


2018年8月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

261th studio album

BUY NOW: Buckethead.pikes

Shows

2016.04.15
Granada Theater - Lawrence, KS
2016.04.16
2720 Cherokee - St. Louis, MO
2016.04.18
Blue Note - Columbia, MO
2016.04.19
Waiting Room Lounge - Omaha, NE
2016.04.20
Wooly’s - Des Moine, IA
2016.04.21
The Cabooze - Minneapolis, MN
2016.04.23
The Majestic - Madison, WI
2016.04.24
Shank Hall - Milwaukee, WI
2016.04.25
Park West - Chicago, IL
2016.04.26
Majestic Theatre - Detroit, MI
2016.04.28
The Vogue - Indianapolis, IN
2016.04.29
The Woodlands Tavern - Columbus, OH
2016.04.30
Earlybird 2016 at Nelson Ledges Quarry Park - Garrettsville, OH
2016.05.01
The Altar Bar - Pittsburgh, PA
2016.05.03
Westcott Theater - Syracuse, NY
2016.05.04
Higher Ground - Burlington, VT
2016.05.05
The Wilbur Theatre - Boston, MA
2016.05.06
Toad's Place - New Haven, CT
2016.05.07
B.B. Kings - New York, NY
2016.05.08
Ardmore Music Hall - Ardmore, PA
2016.05.10
Baltimore Soundstage - Baltimore, MD
2016.05.11
The Howard Theatre - Washington, D.C.
2016.05.12
The National - Richmond, VA
2016.05.13
The Lincoln Theatre - Raleigh, NC
2016.05.14
The Music Farm - Charleston, SC
2016.05.16
The Neighborhood Theatre - Charlotte, NC
2016.05.17
The Brooklyn Arts Center - Wilmington, NC
2016.05.18
The Music Farm - Columbia, SC
2016.05.20
Cox Capitol Theatre - Macon, GA
2016.05.21
The Variety PLayhouse - Atlanta, GA
2016.05.22
High Dive - Gainesville, FL
2016.05.25
Ponte Vedra Concert Hall - Ponte Vedra Beach, FL
2016.05.26
State Theatre - St. Petersburg, FL
2016.05.27
Plaza Live - Orlando, FL
2016.05.28
Culture Room - Ft. Lauderdale, FL
2016.05.31
Vinyl Music Hall - Pensacola, FL
2016.06.02
The Orange Peel - Asheville, NC
2016.06.03
Exit / In - Nashville, TN
2016.06.04
New Daisy Theatre - Memphis, TN
2016.06.07
WorkPlay - Birmingham, AL
2016.06.08
House of Blues - New Orleans, LA
2016.06.09
House of Blues - Houston, TX
2016.06.11
Emo's - Austin, TX
2016.06.12
House of Blues - Dallas, TX
2016.06.13
Cain's Ballroom - Tulsa, OK
2016.06.30
The Highberry Music Festival - Ozark, AR

(via: Buckethead.Pikes)

広告