Posts Tagged 'Somewhere Over the Slaughterhouse'

Pin Bones and Poultry

2001年発売「Somewhere Over the Slaughterhouse」の3曲目

http://youtu.be/Bk-ddwEdXZE

この曲をブログで扱うのは2回目です。1回目のエントリーは2009年頃、ブログを開設してすぐににしていたと思います。かなり好きな曲です。1年に一回の割合で重複エントリーしてもいいと思うのはこの曲と「Watching the Boats with My Dad」でしょうか。というか「Somewhere~」というアルバム自体かなり気に入っています。今ふと過去のエントリーを見たら、当時は曲のURLを張っていなかったんですね。今は発売して1年経ったものは扱おうと思いつつ、やっと「3 Foot Clearance」をやるようになった感じです。「Spinal Clock」を無視しているのは秘密です。

というか夜中3時に何やってんだって話しですが、今帰りました。ただいま。「Pin Bones~」の良さは何でしょう。理屈抜きですね。とにかく好きな曲です。というかこのアルバムの曲全部好きです。でも未だ権利の問題でCDでは再販されていないのですよね。現在手に入れるにはTDRS musicでmp3購入するしか方法がありません。これは手元に置きたい1枚。権利の問題、いつか解決しないかと待ち続けています…と思ったら今TDRSに行ったら売ってないし! 一体どうした? うわ~ん!!

しかし「PIn Bones~」の良さに変わりはありません。またたぶん1年後とか2年後にエントリーします。それまでこのブログあるのかって話もありますが、今はその話しは横に置いておくことにします。

明日も仕事なので寝ます。そしてBuckethead.comからとても素敵なお知らせが!(ゆりもすさん、ありがとうございます^-^)

BUCKETHEAD on Tour
July 28, 2012
Nelson Ledges Quarry Park – Garrettsville, OH

たぶん、というか確実にまだまだ増えると思います。めちゃくちゃ楽しみです。おやすみなさい…ZZZ

広告

Help Me

2001年発売「Somewhere Over the Slaughterhouse」の2曲目

ああ、これは好きです。Somewhere~はかなり好きなアルバムです。現在はTDRS musicでmp3購入することが出来ます。独特のダークっぷりから話題になりずらいアルバムかなと思うのですが、このアルバムは良い。私の大好きな「Pin Bones and Poultry」も収録されています。格好いいアルバムだと思います。でもやる気に充ち溢れた時に聴く一枚ではないかもしれません。

とにかくこの曲は「HELP ME」と連呼します。その間に文字通りなBucketギターがインサートされている感じなんですが(大雑把な)なんともクールではありませんか。そしてそれが終わったらPin bones~がきてミント風呂に強引に浸らされた気分になるのがよい。いいアルバムです。再販予定がないようですが残念。この頃って既にガンズに加入していた時期だと思うのですが、当然アクセルもこれを聴いたんでしょうが、彼あたりはこういうのはどう思ったんでしょうか、凄く気になります。もしかしてこういうのが結構好きなタイプだったりすると好感です。

しかし再度書きますが、やる気に充ち溢れた時に聴くアルバムではありませんし、そういう時に人間てけして「Help me!!!」とは言わない気がします。でもいつもやる気満々な人間なんかいませんから、Helpな時はこれを聴くと何かしらすっきりするかもしれません。因みに私の今日現在の困った状態は月曜のプレゼンです。何もプレゼンするものがないのだが…、はあ…明日明後日でなんとかします。月末月初が終わったと思ったらこれですよ。最低。とりあえず寝ます。

You Like This Face?

気合を入れて「You Like This Face?」!!!!!
2001年発売「Somewhere Over the Slaughterhouse」の8曲目。
こんなの誰も知らんよという感じですが、これ逝ってみましょう。

Photobucketまったくの私事なのですが、よく逝く海外フォーラムのオフ・トピック「さあ、勇気を持って素顔を出してみよう」スレッドにリアルの顔を出してしまいました。このスレッドは何代目か知りませんが、フォーラム参加者が増えたあたりに定期的にたつものです。因みに海外の方は顔出しまくりますね。しまいには自分の家族の写真まで「私とワイフ」「私と長男」「娘」「フィアンセ」とか。myspaceはあんまり見ませんが、本当にあちらの方は顔を出すのに躊躇しません。どうしてなんでしょうね?

(おおざっぱに云って)オリエンタルやブラックはめったに顔を出さないんですが、3年常駐してたのでいい加減出してみようかと云う感じで。というか性別ばれた…、もういいです。よく「オリエンタルの顔は皆同じに見える」と云われますが、多少二重だったとしても私の顔もたいして見分けはついていないかもしれません。でも映画とかよく観てる人は個々の違いは判るのかもしれませんな。私は自慢じゃないけど参加メンバーの顔の区別がつきません。

Photobucket笑ったのが「ホラーM、何もマスクで顔を隠す必要なんてないよ :)」というコメントでした。私のアイコンはBucketheadです、恐らく多くの人があれが私だったと思っていたのでしょう。ホラーMはマスクで顔を隠して写真撮影し自分のアイコンにしていると…Bucket, マイナーすぎ!!! ちょっとショックというかガクーンときました。まるで自分が変態みたいじゃないですか(涙

顔ってあんまり出しませんよね。去年あった周りの男性が次々怪死するという事件で逮捕された女性がmixiだかに顎だけ出していたようですが、まあ出してその程度でしょう。海外フォーラムといっても日本人で見てる人はいるでしょう。でも全然おかしな事件になる予感がしないな。というのは仕事に逝く時はメガネしてるんで、メガネする/しないで見分けが全然付かないそうなので、仮に家の前にストーカーが張り付いてもまったく気付かれないでしょう。ということで You like this face? 8)

My Sheetz

My Sheetz
2001年発売「Somewhere Over the Slaughterhouse」の4曲目です。というか3曲目のホラーMが愛してやまない「Pin Bones and Poultry」、5曲目の胃潰瘍の歌「Day of the Ulcer」間に挟まれた悩ましい一曲。

実は私はこのアルバムを妙に特別視しています。普段は全然聴かないんですよ、でも何故か定期的に聴きたくなるというか。ちょっと変なアルバムというか…。自分も言葉が上手い方ではないので説明に困るんですが、「My Sheetz」もそうですし、次の「Ulcer~」も変な人間の息遣いっぽいのが入っているんですよ。Bucketheadのアルバムは過去に遡れば遡るほどBootsyとかLesの声とか歌とかラップとか変な旋律が入っていますが、これは何でしょうね、あー、ど忘れした、あの楽器の音のサンプルに使うあれです「ハイハット no.1」「バスドラ no.2」とかそういう音が入っていて打ち込みに使う音源集みたいなやつです。そういうのに入ってる「Man’s voice no.12」「Woman’s voice no.5」とかそれ系かと思うんですが、妙~~にはまってて不思議な感覚です。

Photobucketアルバム自体かなり狂っている印象を受けるんですが、「My Sheetz」にはそれを強く感じます。だからかもしれませんが先にも書いたように普段は殆ど聴かないのかも。この次の次のアルバム「Bermuda Triangle」の「Flight19」にも人の息遣い系が入ってますが、こっちはなんとなく人間かなって思います。これはこれで好きな曲だけど、「My Sheetz」はちょっとね……、あんまり軽々しく触れるとまずいなあという感じがします。戻ってこれないというか…上手く云えませんが…。これがBHLandの真髄かと思ったり。一言で云えば深刻に「怖い」でしょうか。2曲目の「Help Me」にも余裕で声入ってるんですが、これもやっぱりちょっと狂ってますよね。ループと云えばBermuda~の「Davy Jones Locker」でも出てきますが、こちらは健康的な印象です。

「人間ぽさなんて何処にもないはずなのになんか人間ぽい曲」ですかね。そのアンバランスっぷりが精神を直撃するのなのかもしれません。全体を通して「なんかあったんですかねー」としか云えないアルバム「Somewhere Over the Slaughterhouse」。それを聴いてるあんたも何かあったんですかねーって感じです(ドキッ)

【作業用BGM】 Somewhere Over the Slaughterhouse

【作業用BGM】 Somewhere Over the Slaughterhouse

1. Somewhere Over the Slaughterhouse
2. Help Me
3. Pin Bones and Poultry
4. My Sheetz
5. Day of the Ulcer
6. You Like Headcheese?
7. Burlap Curtain
8. You Like This Face?
9. Wires and Clips
10. Knockingun
11. Conveyor Belt Blues

Photobucketああ、出ましたね。もう嗚呼としか言いようのないこのアルバム。問題が解決されず未だ絶盤、DL購入しか手段がないという一枚です。私のやり方が悪かったのかどうか不明ですが、購入した段階で既に音が悪い。これがデフォルトなのかもよく判らない。だというのにファンの間では結構有名という噂の「Help Me」をはじめ、ホラーM好みの「Pin Bones and Poultry」「My Sheetz」が収録されているという悩ましい一枚。うっかり見つけちゃった人は片耳つぶったくらいでお願いしますといったところでしょうか。

上にあげた三曲は素敵です。Pin bones~のことは前書きましたし(これは本当にうっとりする曲です)、Help meは単純に良いですし。Sheetzは良い物拾っちゃったという感じでしょうか。「Bermuda Triangle」とこれを比べれば私はBermuda~の方がいいかなと思う派なのですが、何と云うかこのアルバムはとても暗い印象を受けます。1曲目がディズニーの曲か何かであるとはいえ外部からのインスピレーションは特に受けておらず、Bucketが自分自身について作った曲の群れのように思えます。本人じゃないから判りませんけれど、きっとこの時期色々と大変だったんでしょう。って、今気付きましたけどこれってソロでは「Monsters and Robots」の後に出した作品ですか。うーん、疲れていたんですかねえ。

Seven Laws of Woo

PhotobucketPraxisのアルバムに入ってる曲だったと思います。今調べたら1992年発売のアルバム「Transmutation (Mutatis Mutandis)」の7番目収録作品なんだそうです。実際演奏してる動画がyoutubeに結構落ちているのでイントロを聴けば「あー、これかあ」となるんではないでしょうか。実際印象深いメロです。Buckethead的にこれは演奏して楽しいのか知りませんが、バンドとしてステージでやるなら楽しいのかもしれません。因みに題名は確証は持てませんが「恋の7つの掟」くらいでいいと思います。

この曲なんですが、エントリーしようしようと前から思っていたのですが機会を逃しまくっていました。というのも、この曲って上で印象深いとか何とか色々書きましたけど全然触れるべき点がないのです。自分がたまたまそうなのかもしれませんが、曲も格好いいと思うし、結構有名な曲だとも思うのです。Bucketのギターもいいんだろうと思うんですが絶望的に書くことがない曲です。今日やっとエントリーしましたがやはり書くことがない。困った。こういう曲は自分としても珍しいです。

1992年といえばBucketは24歳くらいだと思いますが、もう大人ですね。その年は「Bucketheadland」でソロデビューしていますから、Bucket的にミュージシャンとして頑張っちゃうぞーって年だったと思うんですが、いかんせんなんか変な印象ですね。上手く云えないのですが…。そういえばBucketheadlandって持ってませんが、(「Somewhere Over the Slaughterhouse」もそうですが)なんでジャケに日本語があるんでしょう。1994年には「Giant Robot」をソニー・ジャパンからリリースしてますが、何故いきなりソニージャパンなのかも謎です。ではその年にBucketが日本で大ブレイクしたかと云えば、…1994年でしょ…そのあたりは丁度自分も洋楽離れしてた時期ではあるけど、彼がブレイクしてたとか名前を聞いたとか全然記憶がないんですよね。

Photobucket一言で云えば、変な形でデビューして変な形で不発に終わったんだと思うんだけど、でもそれで良かった気がするな。自分は好きなミュージシャンなり俳優が親日家だとかどうだとか全然気にしない方なので、まあせいぜいBucketは子供の頃日本のロボットが好きだったらしい、くらいでいいんじゃないかと。Bucketもソニー・ジャパンにたいして良い想いさせてもらってないだろうし、かえって嫌な思い出の方が先行してるんじゃないの。でも「ジャイアントロボット」っていう日本語は知ってるらしく、セットリストには無理やり日本語を頑張ってるみたいですね(ジヤイアソロボって何だよ)。それくらいのライトなお付き合いが丁度いいんじゃないかな。

ということで案の定何も書くことがなかった「Seven Laws of Woo」。けして悪い曲でもないし、どちらかと云えば格好良い曲なんだけどイマイチ何も感想がない不思議な一曲ということで宜しくお願いします。

【居眠り用BGM】 Buckethead 2 – nikoniko

素晴らしきシルバー・ウィーク、休日って大好きです。nikonikoデビューということで個人的BGM2を作ったのですが、音が悪いのに合わせて全体的なボリュームを下げたのですが失敗。そして二回目も失敗、最終的に三回作ってやっとUPしました。ふたつめの動画ラインナップは以下の通り

【作業用BGM】 Buckethead -2
1.Somewhere Over the Slaughterhouse(SOTS -2001)
2.Soothsayer(Crime Slunk Scene -2006)
3.Sail on Soothsayer(Decoding the Tomb of Bansheebot -2007)
4.Big Sur Moon(Colma -1998)
5.Pin Bones and Poultry(Somewhere Over the Slaughterhouse -2001)
6.Populatioidn Override(Population Override -2004)
7.Bird with a Hole in the Stomach(The Elephant Man’s Alarm Clock -2006)
8.Electric Bell Blanket(Albino Slug -2008)

Photobucket趣味丸出しとしか云いようのない選曲です。「Soothsayer」と「Sail on Soothsayer」連続して聴けるのはyoutubeで誰かもやっていましたが、個人的にやれたのは嬉しいです。その後に「Big Sur Moon」というのはモロ趣味ですが、良い曲はいつだって良いということで連ねておきます。後半は気に入っています。一発目の反省を込めてそれなりに共通点がありそうなものをチョイスしたのですがどうでしょうか。これなら作業しながら聴けるかも!?
しかし風邪をひいているので風邪薬を飲んだら眠くなってしまいボリュームを「Pin~」に合わせるつもりがめちゃくちゃになって2時間無駄にしたのはガックリでしたね。PC壊れちゃうんじゃないでしょうか。作業してて気付いたのですが、バケツ君の曲はめちゃ短いのもたくさんありますが基本的に長いということです。彼自身楽曲をタイトにしたくないのか出来ないのか判りませんが、10分程度というのが結構あることに気付きました。彼のセンスはよく判りませんがたくさん詰め込んでしまうタイプなのかもしれませんし、はたまた単純な流し弾きをそのまま題名をつけているタイプなのか…。後者ならそんなもんで金とるなと云ってやりたいですが、まあいいでしょう。どう転んだってライブでのBucketの演奏には近づけないわけだし、極端な話し半ば諦めながらの作業ですからね。ある意味空しい作業なのかも判りません。


2018年12月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

261th studio album

BUY NOW: Buckethead.pikes

Shows

2016.04.15
Granada Theater - Lawrence, KS
2016.04.16
2720 Cherokee - St. Louis, MO
2016.04.18
Blue Note - Columbia, MO
2016.04.19
Waiting Room Lounge - Omaha, NE
2016.04.20
Wooly’s - Des Moine, IA
2016.04.21
The Cabooze - Minneapolis, MN
2016.04.23
The Majestic - Madison, WI
2016.04.24
Shank Hall - Milwaukee, WI
2016.04.25
Park West - Chicago, IL
2016.04.26
Majestic Theatre - Detroit, MI
2016.04.28
The Vogue - Indianapolis, IN
2016.04.29
The Woodlands Tavern - Columbus, OH
2016.04.30
Earlybird 2016 at Nelson Ledges Quarry Park - Garrettsville, OH
2016.05.01
The Altar Bar - Pittsburgh, PA
2016.05.03
Westcott Theater - Syracuse, NY
2016.05.04
Higher Ground - Burlington, VT
2016.05.05
The Wilbur Theatre - Boston, MA
2016.05.06
Toad's Place - New Haven, CT
2016.05.07
B.B. Kings - New York, NY
2016.05.08
Ardmore Music Hall - Ardmore, PA
2016.05.10
Baltimore Soundstage - Baltimore, MD
2016.05.11
The Howard Theatre - Washington, D.C.
2016.05.12
The National - Richmond, VA
2016.05.13
The Lincoln Theatre - Raleigh, NC
2016.05.14
The Music Farm - Charleston, SC
2016.05.16
The Neighborhood Theatre - Charlotte, NC
2016.05.17
The Brooklyn Arts Center - Wilmington, NC
2016.05.18
The Music Farm - Columbia, SC
2016.05.20
Cox Capitol Theatre - Macon, GA
2016.05.21
The Variety PLayhouse - Atlanta, GA
2016.05.22
High Dive - Gainesville, FL
2016.05.25
Ponte Vedra Concert Hall - Ponte Vedra Beach, FL
2016.05.26
State Theatre - St. Petersburg, FL
2016.05.27
Plaza Live - Orlando, FL
2016.05.28
Culture Room - Ft. Lauderdale, FL
2016.05.31
Vinyl Music Hall - Pensacola, FL
2016.06.02
The Orange Peel - Asheville, NC
2016.06.03
Exit / In - Nashville, TN
2016.06.04
New Daisy Theatre - Memphis, TN
2016.06.07
WorkPlay - Birmingham, AL
2016.06.08
House of Blues - New Orleans, LA
2016.06.09
House of Blues - Houston, TX
2016.06.11
Emo's - Austin, TX
2016.06.12
House of Blues - Dallas, TX
2016.06.13
Cain's Ballroom - Tulsa, OK
2016.06.30
The Highberry Music Festival - Ozark, AR

(via: Buckethead.Pikes)

広告