Posts Tagged 'Wings'

Wings – Spin It On

慣れないyoutubeを徘徊しながら、書きたいことは山ほどあれど気付けばこんな時間。本当はBucketheadがツアーで「Lebrontron」を演奏したとか、重要な話があるんですが、もうこんな時間。最近どんな日々なのかという話ですが、こんな感じです

http://youtu.be/PGhSHZbomz4

THIS IS IT. つまり、この曲みたいにバタバタしています。バタバタしすぎてて気付いたらなんだか好きになっていたというこの曲。このミュージックビデオを見る時には「Memories ~ spin it on」のところで絶対目の上に手をあてます。たぶん自分だけじゃないと思います。中には楽器持ってくるくる回転してる方もいらっしゃるかもしれません。人を無邪気にさせる曲10選の1枠を捧げたいと思います。たしかアルバムは焼いたのを持ってたはずです(?)

この曲に限りませんが、英語の歌詞はこんな風にリズムに乗ることが多い気がします。先に書いた「Memories ~ spin it on」のところとか。日本語の歌詞は音的にこういう乗り方はさせないことが多いというか、どちらかというと乗せずらいのかもしれません。だからどっちが良いんだって話しでは全然なく、学生の頃にフランス語のラップというのを聴いたことがありますが、あれはかなり独特でした。英語も日本語もあのようには乗せられない気がします。いや、そもそもあれはラップではなかったのかも…。言葉って面白いですね。

写真はなんとなくマッカとジョン。皆さま良い週末を ;)

広告

Live And Let Die

1973年に発売されたWingsの曲「Live and Let Die

映画「007 死ぬのは奴らだ」の主題歌として有名と同時に、ガンズがカバーしたことで有名。私は当然ガンズ友達経由でこれを知りました。で、そこのお母さんが「これはポール・マッカートニーの曲だよ」なんて言って、「ふーん」と聞いていました。因みにこの時期マッカの娘さんは学校で「この曲は自分のパパが作ったんだ」と主張したら「嘘つけ」と言われたそうですね。そういうイメージです。8月も終わりということで聴き比べていきましょう。

Paul McCartney & WINGS – Live And Let Die
http://www.youtube.com/watch?v=JK2hKzZss5Y
後ろ髪長いなあとか思ってたら0:32の爆発は普通じゃないですね(汗) 全然別件のマッカファン(しかもレフティー)に言わせれば、この爆発はお約束だからと言っていましたが、一度でいいから爆発してるのを観たみたいものです。それでじゃんじゃん花火なんか上がれば最高ですね。で、マッカよ。Up and coming tourの日程はどうなったのかい。日本には来年くらいに来る予定なのかい?

Guns N’ Roses-Live And Let Die(Tokyo ’92)
http://www.youtube.com/watch?v=VWLrVauIdS0
うわあ、これは懐かしい(笑) 上記友人宅で死ぬほど見せられたビデオです。つか、うっせーアクセル(笑) いやあとりあえず懐かしい。ギルビーとか本当に。91年の動画もちらと見ましたけど彼らは爆発はしてないんですね。爆発はマッカの特権なんでしょうか。ということで我らがBucket在籍時のLive and ~を行ってみましょう

Guns N’ Roses – Live and Let Die Boston 2002
http://www.youtube.com/watch?v=mQHFukvCkBI
Bucket普通に邪魔(笑) これはロビンが頑張る曲なのかもしれませんが、最後にすちゃっと立たなくてもいいと思う(笑) これは面白い。あ、爆発してますね。なんか他の人々に気を取られてしまいました。というか、Bucketってガンズでこの曲弾いてたんですね。並べてみるとなんとも感慨深いです。

Silly Love Songs

1976年発売、Wingsのアルバム「Wings at the Speed of Sound」の6曲目
この曲はロックですね、死語ぽいですがロックだと思います。

「裸になって何が悪い」じゃありませんが、「バカなラブソングで何が悪い」です。もしかして草なぎくんがハードロックなのかもしれませんが、この曲もロックです。といってもこの曲を聴いて「おお、そうだよ!」と思うようになったのはごくごく最近かもしれません。それまでは「ふーん」というか「ださい」くらいでしたが、今私は思いますね、バカなラブソングで何が悪いのかと。

全然関係ないですが、Bucketheadの画像集めは趣味ですが、ビートルズやポールも結構集めるのが好きです。というか後者は豊富にありすぎるという説もありますが、それを出すことが殆どないので、集めた画像を出したいがためにポールのエントリーをやっているのふしもあります。

さてそんな感じで画像をエントリーしましょう。これはビートルズ時代のポールでしょう、いいですね。思いっきりレフティーです。私の弟はレフティーですが、文字は両手で書けるけど、箸は右手じゃ持てないとかあるようです。友人もこれは両手で出来るけど、あれが右手では出来ないとかかなり個人差があるとか。でこれは何をしているのかなと想像するんですが、とりあえず…セーハしてます(?)、あとボディーに耳をあてているので、音を聴いてるんでしょう。いいですね、アコギとかクラギはサウンドホールから前に向かって音が出ますから、ボディーに耳をあてるというのは自分も結構やります。自分はチューニングの際最初は笛を使ってましたが、最近は機械利用者です。でも確か音叉はボディーにふっつけるはずです。

もう一枚、というか今日はフォーラムでなんだか時間をとったのでうさばらし的に逝きますよ。右はポールが怪我をしています。詳しい時期とかぱっとでてきませんが、スクーターに乗っていて転倒して前歯を折った時の写真だと思います。かなりの怪我をしたようですが、医者には行かず、麻酔なしで傷口を縫ったような話を本で読みました。ビートルズの時のやつです。にしても壮絶です、つか感じ悪いですね(笑) この写真見てたら「ラブソングばっかりの男」には見えません。モロ生意気が顔に出ているというか、とりあえず気に入ってる一枚です。

…はあ、少しすっきりしました。フォーラムね、最近思ったんですが、やっぱり顔出してないと書けなくなりますね。母国語じゃないですからね、もともとフィーリングで書いてますが、何だかんだ書かないとダメかなと最近思っています。で結局何がSilly Love Songなのかって、頑張った割にはおめあての愛が戻ってこなかったことですかね(涙) もうホラーM、今日は結構頑張ったのに、メールのひとつくれてもいいじゃないかと。…いや、いいんです。自分勝手なラブソングですから。それとは別件で、どうしてあのフォーラムに日本人は私しかいないんだろう。どうせ見てるのは判ってるんだからさ、何か書けばいいのに。てか輸入ばっかして輸出しないでさ、あれじゃ完璧な泥棒じゃん。これは本当に前から大嫌いな彼らの態度です。

Old Siam, Sir

1979年に発売されたWingsのアルバム「Back To The Egg」の6曲目

これいいですよね。なんというかポールのボーカルが激しいと思います。彼の激しいボーカルってビートルズ時代だと「Why dont you do it in the road?」「Helter skelter」とかでしょうか。ソロになってからある意味違う方面に激しい系で「Monkberry moon delight」なんかは初めて聴いた時は誰が歌ってるんだか判らなかった記憶があります。ビートルズやポールのことは好きですが、おかしな話し、ボウイくらい熱心してたわけではないので彼らについてはライト感覚です。

この曲って歌詞楽しいと思います。というか対訳した人すごいですね、これは対訳に感動します。無理やりやったんでしょうが気合が感じられます。特に最初のところとか凄いです。その他「Lost her way」は「ロスト・ハー・ウェイ」以外の何ものでもないと思うのですがかなりの努力が伺えます。ストーリーは判るけど単語と並びには殆ど意味がないというか韻を踏んでいるだけの気がしますから、本当に対訳は大変だったんじゃないでしょうか(ロケストラの対訳ありますからね。つか対訳はいらないでしょうこれは)

でそれをポールが激しく歌ってくるんですが、いいですね。先に出しました「Monkberry~」もなかなかおかしい曲だと思うんだけど、でもそういう曲に限ってなんだかんだ嫌いになれないというかかえって印象に残ってしまう傾向にあります。仮に「何か好きな曲をリクエストして」と云われたらこういう曲に限って絶対リクエストしちゃうんですよね。不思議です。

Band On The Run

1973年発売、Wingsのアルバム「Band on the Run」のタイトル曲にして1曲目

というか書いてみるものですね。全然関係ないのですがホラーMには弟がいるんですが、彼は左利きです。今日弟から久しぶりに連絡がきました。本当に書いてみるもんです。絶対そういうのってあると思いますね。身近な人を想ってみるものです。そんな喜びということで、「Band on the Run」ですがRock Show(だと思います)のやつを観ていきます。

http://www.youtube.com/watch?v=CW3Risxm6PY
1:15とか2:00あたりのプレイは好きですね。このベースはなんというベースか知りませんが、これ絶対重たいと思います。というか自分はベースは弾きませんが友人のベースを持たせてもらったことがあるんですが(なぜか友人は奮起して4弦、5弦、6弦と各種持たせてくれました)基本ベースって重たくないですか? すぐへたりました>< 友人もその重たさから絶対ベースだけはやりたくないと思っていたそうですが「慣れるよ」とか云ってましたね。本当でしょうか。

そんなこんなで自分の中では「ベース=重たい」というイメージしかないんですが、動画を観るとぶんまわしてますね。79年あたりの動画では跳ねてるのも見たことありますが、きっと彼は健康体なんでしょう。で当たり前ですが体力もあるんでしょね、彼が男性という問題もありますがでも絶対重たいはず。そして尚且つ歌ってしまうのかと。化けものですか。

私はあのバイオリンのようなベースよりも、こんなようなタイプのベースを持ってる彼の方が好きだし音もこっちの方が好きなんですが、最近は体力の問題もあってからステージでは比較的軽いと云われているらしいバイオリン型オンリーなんでしょうか。ある日後輩が「ポールと同じベース買った!」というから見に云ったらこの動画のようなベースを見せてきて、「バイオリン型じゃないじゃん」とかそういうやりとりした記憶があります。曰く「Wingsのポールの方が好きだから」というのが理由らしいんですがその後WingsのCDを無理やり貸し付けられた記憶があります。世の中には色々な方がいらっしゃるという話しでした。恐らくその後輩が私の知人の中では一番ポールについて詳しかったはずです。

今日の写真なんですが、これってずっと謎に思ってるんですが「Band~」のレコーディングの時にぶっ倒れたというやつなんでしょうか。体力あるんだろうなというエントリーでぶっ倒れた写真とは相性悪すぎですが、知ってる方いたらお願いします。

Bucketお休みということでブログで毎日取り扱っていたらあっという間に追いついてしまいそうなので10回に1回くらいの頻度にしようと思っています。その他はこんな感じでたらたら進む予定です。

Wonderful Christmastime

季節感をまったく無視してクリスマスソング
ポール・マッカートニーのクリスマスソング「Wonderful Christmastime

http://www.youtube.com/watch?v=hWuKimtUEas
これいいですよね、これ歌いますよ。好きです、季節関係なく結構聴きます。クリスマスソングといえば山下達郎なのかと思うんですが、私はこの曲がいいなあ。難しいこと考えたくないじゃないですか、休日とか親しい人達と居る時は。そんな時くらい親しい人との時間を楽しみたいものです。

クリスマスソングといえばジョン・レノンの「Happy Xmas (War is Over) 」の方が有名だと思うのですが、私はあんまりクリスマス曲通ではありませんが、どちらが好きかと云われればWonderful~を推します。個人的にビートルズの絶対嫌いな曲というか、絶対飛ばしてしまう曲のいうのがあって「アクロス・ザ・ユニバース」「ストロベリーフィールズ・フォーエバー」は鉄壁です、殆ど寒気です。私はビートルズを知ったのは中学の時ですが、その時はこの曲らは大好きだった気がします。なんとなくですが、時間がたってくると肌に合わなくなってくる曲ってあるのかもしれません。今は「アクロス~」のイントロをきいただけで本気で逃げ出したくなるほどです、理由はよく判っていません。

説教くさい曲というかメッセージソングとか、そういう押し付け/圧迫系が嫌いなのでその後歌ナシの方向へどんどんシフトしていったわけですが、そういった意味で私としてはこういう「楽しいじゃないか」的な歌が好きです。あんまり深刻になりたくないんですよ、というか今日会社休んだし(?)

これを聴いているとなんとなくですが、身近な人を幸せにするとか一緒に幸せになるって大切なことだし、同時にこれほど難しいものはないなって感じます。結局人間て人間でしかあり得ないし、まずは生きている間に自分と身近な人を幸せにしたり、一緒に幸せな時間に過ごすことからなんじゃないかな。そしてそれって時間が限られているし凄く難しい。この曲を聴くといつもそんなことを考えます。


2018年10月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

261th studio album

BUY NOW: Buckethead.pikes

Shows

2016.04.15
Granada Theater - Lawrence, KS
2016.04.16
2720 Cherokee - St. Louis, MO
2016.04.18
Blue Note - Columbia, MO
2016.04.19
Waiting Room Lounge - Omaha, NE
2016.04.20
Wooly’s - Des Moine, IA
2016.04.21
The Cabooze - Minneapolis, MN
2016.04.23
The Majestic - Madison, WI
2016.04.24
Shank Hall - Milwaukee, WI
2016.04.25
Park West - Chicago, IL
2016.04.26
Majestic Theatre - Detroit, MI
2016.04.28
The Vogue - Indianapolis, IN
2016.04.29
The Woodlands Tavern - Columbus, OH
2016.04.30
Earlybird 2016 at Nelson Ledges Quarry Park - Garrettsville, OH
2016.05.01
The Altar Bar - Pittsburgh, PA
2016.05.03
Westcott Theater - Syracuse, NY
2016.05.04
Higher Ground - Burlington, VT
2016.05.05
The Wilbur Theatre - Boston, MA
2016.05.06
Toad's Place - New Haven, CT
2016.05.07
B.B. Kings - New York, NY
2016.05.08
Ardmore Music Hall - Ardmore, PA
2016.05.10
Baltimore Soundstage - Baltimore, MD
2016.05.11
The Howard Theatre - Washington, D.C.
2016.05.12
The National - Richmond, VA
2016.05.13
The Lincoln Theatre - Raleigh, NC
2016.05.14
The Music Farm - Charleston, SC
2016.05.16
The Neighborhood Theatre - Charlotte, NC
2016.05.17
The Brooklyn Arts Center - Wilmington, NC
2016.05.18
The Music Farm - Columbia, SC
2016.05.20
Cox Capitol Theatre - Macon, GA
2016.05.21
The Variety PLayhouse - Atlanta, GA
2016.05.22
High Dive - Gainesville, FL
2016.05.25
Ponte Vedra Concert Hall - Ponte Vedra Beach, FL
2016.05.26
State Theatre - St. Petersburg, FL
2016.05.27
Plaza Live - Orlando, FL
2016.05.28
Culture Room - Ft. Lauderdale, FL
2016.05.31
Vinyl Music Hall - Pensacola, FL
2016.06.02
The Orange Peel - Asheville, NC
2016.06.03
Exit / In - Nashville, TN
2016.06.04
New Daisy Theatre - Memphis, TN
2016.06.07
WorkPlay - Birmingham, AL
2016.06.08
House of Blues - New Orleans, LA
2016.06.09
House of Blues - Houston, TX
2016.06.11
Emo's - Austin, TX
2016.06.12
House of Blues - Dallas, TX
2016.06.13
Cain's Ballroom - Tulsa, OK
2016.06.30
The Highberry Music Festival - Ozark, AR

(via: Buckethead.Pikes)

広告